『鬼滅の刃』映画公開から4カ月が経とうとしていますが、未だにその人気は衰えるところを知らずコミックも品薄状態が続いています。

そんな中、全巻取り揃えているある本屋さんが話題となっているようです!大谷秀一郎さんは家業の手伝いでこちらの本屋さんへ訪れたそうなのですが…。

まずはその話題となった書店の写真からご覧ください!

1EtSntVDVgAU_AvM
twitter.com@shuuichiroo

わー!随分とレトロな外観の本屋さん!

果たして本当に「鬼滅の刃」は全巻あるのでしょうか…?

2EtSntXtVkAABpx0
twitter.com@shuuichiroo

書店の外には堂々と筆で書かれた「全巻揃ってます」の張り紙が!

 

3EtSntYrVgAEgYyS
twitter.com@shuuichiroo

カウンターの下の棚にズラリと並ぶ鬼滅全巻!素晴らしい!!

まさに投稿者さんがおっしゃる通り「鬼が福を連れてきた」本屋さんとなったようですね!

義理を通した本屋さんに福が舞い込む…「令和の昔話」に認定ですね!笑

みなさんも「い、行きたいっ‼️」という声や、「鬼は外(お買い上げ)するたびに福がくるとかよくできた話だな。」など、既に”令和の昔話”として反響を呼んでいるようでした!

 

地元で昔から知っている方はもちろん、偶然訪れて発見したという方もこのギャップに嬉しくなってしまいそうなレトロで素敵な本屋さんでしたね♪

コミックをお求めの方やお近くに立ち寄った際は、東京・青梅市の「多摩書房」に是非訪れてみてはいかがでしょうか?

Twitter:@shuuichiroo