今回は、以前から何度かクレイジーでご紹介しているしばたまさんの「フォロワーさんのゾッとした話」シリーズから漫画を一つご紹介します。

これはフォロワーさんが4、5歳のころ、ひいおじいちゃんの7回忌で祖父母の家に訪れていた日のお話。お経に飽きて子供たちだけでかくれんぼをしていたところ、見知らぬ男の子が「僕も入れて」と言ってきたのです…。

それではどうぞ↓

130767468_847825679328892_8037815050807966363_n (1)

130858392_882828479202241_9095345898795440254_n (1)

131261970_1270991616602449_1405211147159761135_n (1)

130490924_398071488286653_652844341483333045_n (1)

131046828_224991805674187_7820175410736403075_n (1)

131480177_204214267989054_5723633361612069382_n (1)

130475324_1634526106732720_9192666793082940764_n (1)

130285420_812210465994976_1648753047940305550_n (1)

130949902_396041701642328_4101353423652294051_n (1)

不思議なお話…。

4歳というあまりにも若い年齢でこの世を後にした弟さん――きっとみんなが賑やかに遊んでいるのが嬉しかったんでしょうね。これからもこの家族の行末を見守り、温かい加護を授けてくれますように🙏ゾッとする話とはありますが、とても印象的で心温まるお話でした。

作品提供:しばたま