今回は以前から何度かクレイジーでご紹介しているみゆき丼さんの漫画「パラシュート事件」をご紹介します。

小学6年生の頃、仲良しグループから無視されてしまい一人孤立しまっていたというみゆき丼さん。そんな娘を見かねてか、お父さんは工作のパラシュートを作ってくれたそうなのですが…。

それではどうぞ↓

131462124_140622844288840_5397026808253964579_n

130754872_747435439487805_4901704235886331657_n

131236064_808148950036984_1534639044298470533_n

131410876_383110736312632_4259752101722637629_n

131490998_1650452771800948_3939691842840645753_n

131887849_205359251172683_2683128143957137467_n

130824378_206939980981471_8815280522622470566_n

131412266_1514286628762311_6642433821914003915_n

130872009_116259290328038_1703108559176009944_n

131418620_423196468723228_6313752076718431188_n

131402332_150633336454543_1323116217535660986_n

131345288_664956157511508_8674115932445838204_n

130771511_2921391718091730_7624842801264733543_n

ひどい…😭

自分たちで物を作り、それを使って遊ぶ。子供のクリエイティブ精神を育てる上で、これ以上素晴らしいことは無いような気がするのですが…。加えて、事件の責任をみゆき丼さんにするのも無理がありますよね。最後の茶化し方など、もう論外です。

もちろん危険につながる行動を止めなければいけない立場であることは承知していますが、この方法は果たして正解なのでしょうか?この投稿には「パラシュートを流行らせたことと屋根に降りたことは別問題では」「本当にひどい…」などのコメントが寄せられました。

作品提供:みゆき丼