前回「【短編漫画】引越し先に隠れてた『宝の地図』を開くと、街が好きになった話」という記事でご紹介したほなかさくさん。心にジーンとくる印象的な漫画をインスタに公開しています。

ここは、心を具現化する傘が存在する不思議な世界。人によって大きな傘を持つ人、小さな傘を持つ人と差があるようなのですが…。

それではどうぞ↓

81402129_907878123019235_2538677268966980097_n

104084593_3389901167709633_8902746948211865642_n

104082355_254615099104960_6908787981934578839_n

103759232_3162844527109025_4470340741701312087_n

広い傘を持つ人のもとにはたくさんの人が集まりますが、その分一人ひとりに対する気持ちが分散されてしまったり、どこかにぶつかって壊れてしまったり。対して小さな傘を持つ人は、一人しか入れてあげられないけれど、その人に最大限施すことができる。我々の人間関係そのものと言えそうです。

「大きいから優れている」とか「小さい方が良い」とか、大きさなんて関係なく、どんな傘も等しく素敵で大切なもの。そんな風に考えると、自分の心が狭くなった時でも、ちょっとだけ自分を許せるような気がします😊

作品提供:ほなかさく