私たちの生活に必要な家電や家具などには、購入する時に保証書が付いてきます。しかし、生き物に保証書を付けるというのは、いささか常軌を逸したアイディアだと思いませんか?

漫画家・宇津江広祐さんの作品『ミヤの保証書』の世界では、そんな「あり得ない保証書」が存在しています。

過去のご紹介記事はコチラ↓
宇宙人が地球にきて「女子高生として」生活した結果...

さてその世界では、どのような生き物に対し、どのような形の保証がされているのでしょうか?

ミヤの保証書1-1
twitter.com@utsue_k
ミヤの保証書1-2
twitter.com@utsue_k
ミヤの保証書1-3
twitter.com@utsue_k
ミヤの保証書1-4
twitter.com@utsue_k


この世界で生きるの無理ーっ😱

大切なペットや家族を亡くしたら、「また会いたい」とか「生き返って欲しい」と願うのは仕方のないことです。しかし、この世界のようにどんな生物にも保証がついていてしまうと、逆に生き物の命が軽んじられてしまうに違いありません。

例えば病気やひどい怪我をした場合、エラーを起こした体は処分して、新しい人間にアップデートした方が合理的だと、多くの人が考えるようになるでしょう。

娘の両親においてもそうで、娘の命の重さを気にせず、「どんな形でも娘さえ傍にいてくれれば本人であるかどうかは関係ない」という、非常に恐ろしい考えに支配されています。

近い将来、クローン技術が発達して同じような状況が可能になった時、「こんな世界の到来を喜べるか?」と言われたら、全力で拒否したいと思ってしまいました。

さて、「ジャンプ+」に掲載中の宇津江広祐さんの読み切り作品『精霊の王』や、「サンデーうぇぶり」で連載していた、『内藤死屍累々滅殺デスロード』のコミックス全5巻はかなりおすすめ!

Twitterには他の読み切り作品や、オリジナル作品などが多数投稿されています。そのちらもまとめて、ぜひチェックしてみてくださいね!

Twitter:宇津江広祐(@utsue_k)
書籍:内藤死屍累々滅殺デスロード (全5巻