みなさんは脱出ゲームや謎解きゲームに挑戦したことはありますか?

テーブルの上で謎を解いてクリアを目指すシンプルなゲームから、実際に閉鎖空間でアイテムを駆使しながら謎を解いて脱出をはかるリアル体験脱出ゲームなど、さまざまな形で楽しまれています。

中でも、町中に隠された謎を解いて回る‟周遊型謎解きゲーム”は、謎解きをしながらその町の魅力を知ることが出来るとしてジワジワと人気を博しているんです!

一日中楽しめる!多摩区で謎解きゲーム開催

10月15日(木)より川崎市多摩区が開催している『S H I G E N A R I ー多きを解き明かし摩天楼へー』も、この周遊型謎解きゲームの一つ。

img-main_rr

明治大学クイズサークル「イージオス」が考案した本格的な謎解きゲームでありながら、参加費はなんと無料

各スポットに設置されたQRコードから謎が掲載されているページに飛び、スマートフォンで謎を解いてゴールを目指します。「ピクニックタウン多摩区」の自然豊かなスポットや美味しいグルメ、穴場スポットなどを巡り、あまり知られていない川崎市多摩区の歴史や魅力をゲーム感覚で体験することができるんです!

歴史になぞったストーリー

かつて川崎市多摩区に「枡形城」を築城したと言われる、源頼朝の重臣「稲毛三郎重成」を題材にしたストーリーで展開されています。あらすじは以下の通り。

【ストーリー】
源頼朝の重臣 稲毛三郎重成が頼朝から安堵され進出し、平安末期から鎌倉初期に築城されたとされる「枡形城」。戦国時代以降は廃城となり、現在城跡には枡形山展望台が作られ生田緑地の一部となっている。
2020年秋、城跡から稲毛三郎重成が残した暗号メッセージが発見された。この暗号メッセージを解くヒントは、どうやら周辺地域に隠されているらしい。
探偵学校新入生の「未満探偵」たちよ。城跡に残された暗号メッセージを解き明かせ!

img-message

クリアして賞品を当てよう!

当日のゲーム参加者へのおもてなしとして、協力施設・店舗による施設入園料や商品割引の提供があるほか、ゲームをクリアした参加者には、抽選で100名に多摩区の魅力がつまった賞品が当たるんです!

present_rr
賞品の詳細については、特設サイトからご確認ください♪

友達と、家族と!謎解きに出かけませんか

謎解きが好きという方はもちろん、謎解き未経験の方でもお散歩感覚で楽しめるのが周遊型謎解きゲームのいいところ。
偶然見かけたお店でちょっと休憩してみたり、気に入ったスポットがあれば謎解きを中断して遊んでもOK!

川崎市多摩区エリアに行ったことがない方も、全ての謎を解いたころには多摩区のことが好きになっているはずです♪

ぜひお気軽に参加してみてください!

図1

実施日時:2020年10月15日(木)~11月23日(月・祝)10時~16時
スタート場所:川崎市緑化センター(ゴールまで約5キロ程度)
特設サイト:SHIGENARI 多きを解き明かし摩天楼へ | 川崎市多摩区