ふとした勘違いが引き起こした「超絶悲報」をご紹介。本人からしたらものすごく悲しい話ですが、第三者からしたら笑い話だったりしますよね…(笑)。笑ってすみません。

1.


2.


3.


4.

5.


6.


7.