エジソンの「白熱電球」しかり、グラハム・ベルの「電話」しかり、昔から人類はいろんな発明をしてきたわけですが――この21世紀にももちろん、様々な分野で意欲的な試みが行われています。

さて、以上前置きとして、ここから本題なんですが、イラストレーターの225さんは以前「野菜向け同人誌」という“謎のジャンル”を開拓し、界隈に激震を引き起こしました。

“野菜の擬人化”とかでは一切なく、本当に“マジの野菜”たちが組んづほぐれつの大活躍を繰り広げる漫画なので、刺さる方がいるかどうかはわからないのですが、ともあれ皆さんの心を信じて、ご紹介します…!

大根ちゃんと包丁くん

1

2

3

4

5

6

7