今回は前回、『推し』の出現で理性のブレーキが吹っ飛ぶオタクに大共感。」でご紹介した、漫画家の有村唯さん作品の続編、第2~3話までをご紹介します!

推し俳優が落としたスマホを拾ったことがきっかけで、推しと電話番号を交換するレベルの「特別なお知り合い」に急接近した流華ちゃん。推しのファンであることがバレることなく、このまま距離を縮めていけるのでしょうか?

その2

推しに嘘をついて近づいてしまいました。2-1
twitter.com@y_arimura
推しに嘘をついて近づいてしまいました。2-2
twitter.com@y_arimura
推しに嘘をついて近づいてしまいました。2-3
twitter.com@y_arimura
推しに嘘をついて近づいてしまいました。2-4
twitter.com@y_arimura

その3

推しに嘘をついて近づいてしまいました。3-1
twitter.com@y_arimura
推しに嘘をついて近づいてしまいました。3-2
twitter.com@y_arimura
推しに嘘をついて近づいてしまいました。3-3
twitter.com@y_arimura
推しに嘘をついて近づいてしまいました。3-4
twitter.com@y_arimura

甘美な底なし沼にズブズブ沈んでるwww

流華ちゃんに好意を持っているとしか思えない、廉くんの気になる言葉の連発に、ドキドキが止まらない!このままじゃ、いちファンではなく「本当の好き」に気持ちが変わっていくのも時間の問題ですね…。

その場合、ファンであることを隠し続けていけるのかが大きな問題ですが、気がかりはやはり「真実がバレた時のこと」。流華ちゃんと廉くんの今後の展開から、目が離せません!

「推しと偶然知り合う」誰もが夢見るストーリーに、続編を見守り隊が大集結!流華ちゃんがどこまで「知らないフリを続ける」かにも、注目が集まっています。

作者の有村唯さんによると、まだ続くとのことなので、断然フォローがおすすめ!

また、好評発売中の『オタク女と男子高生』のコミックスをはじめ、他の作品もぜひ併せてチェックしてみてくださいね。
Twitter:@y_arimura
pixiv:有村唯
LINEスタンプ:オタク女と男子高生
書籍:オタク女と男子高生
   蟻馬くんは現実を見ない。全2巻