今回ご紹介するのは、漫画原作者の大﨑崇人さんの作品『天狗の森に迷い込んだ幼女』です!

「荒廃した文明」を感じる森のような場所で、迷子になってしまった少女。心細さで泣きそうになった時、彼女の目の前に現れたのは何と近未来的なビジュアルの天狗たちでした。

果たしてこの天狗たちは、彼女の敵?それとも味方なのでしょうか?
天狗の森に迷い込んだ幼女01
twitter.com@oosakitakaneko
天狗の森に迷い込んだ幼女02
twitter.com@oosakitakaneko
天狗の森に迷い込んだ幼女03
twitter.com@oosakitakaneko
天狗の森に迷い込んだ幼女04
twitter.com@oosakitakaneko

だから人を見た目で判断したらダメだとあれほど…

女の子が助を求めている間、身を潜め彼女の動向を観察している天狗たちの姿を見た時、「逃げて―!食べられちゃう!」と心の中で絶叫していたことを、心から謝罪します。

天狗たちの予想外の嬉しい対応に、中盤以降から気持ち悪いくらいニヤニヤしながら読んでしまいました。特に、女の子が天狗の人差し指をにぎにぎして一緒に歩いているコマが大好きです!

女の子のかわいさにメロメロになる、カッコいい天狗との物語。当然ながら多くの読者が心を掴まれたことを、ここでご報告いたします(笑)。

ちなみに、迷子の女の子が追いかけていた「六脚鶏」の気になるビジュアルはこちら↓

また、作者の大﨑崇人さんのTwitterアカウントには、他にも色々な作品が投稿されているのでチェックしてみてくださいね!

Twitter:@oosakitakaneko
pixiv:おおさきタカ人
書籍:配信勇者全2巻