これがオタクの運命なのかもしれません。「推し」への愛がとことん深い人々をご紹介します。

1.


2.


3.


4.


5.


6.


7.