今回ご紹介するのは、かずささんの『ドラクエと出会った時のお話』です。

ネットで議論を呼んだ「特撮は男の子のもの、女の子は間借り」という話。それを見かけたかずささんはショックを受けたとのこと。そして「偏見や風潮は変えていけるから、好きなものは好きでいいんだ」という思いを伝えるために今回の漫画を描いたそうです。

物語は30年前に遡ります。まだ「ゲームは男の子のもの」と言う人が今よりいた時代。作者さんの叔母さんがファミコンを持ってきてくれて...

ドラクエと出会った時のお話 かずささん @kazusa_pb-sXv
@kazusa_pb

ドラクエと出会った時のお話 かずささん @kazusa_pb
@kazusa_pb

ドラクエと出会った時のお話 かずささん @kazusa_pb
@kazusa_pb

ドラクエと出会った時のお話 かずささん @kazusa_pb
@kazusa_pb

ドラクエと出会った時のお話 かずささん @kazusa_pb
@kazusa_pb

ドラクエと出会った時のお話 かずささん @kazusa_pb
@kazusa_pb

ドラクエと出会った時のお話 かずささん @kazusa_pb
@kazusa_pb

まだ偏見が完全に取り除かれたとは言えないかもしれませんが、昔より気軽にゲームがプレイできるようになったことは確かですね!

それには、作中にも出てきたエニックスをはじめとしたゲームメーカーの努力や、何よりファンの力もあったのだと思います。

子供たちが性別に関係なく、ゲームを、そしてゲーム以外の全てのものを、当たり前のように楽しめる世の中になるといいですね。

Twitterにはこんな意見が寄せられました ↓

作者のかずささんは、Twitterで多くのイラストを投稿しています。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

Twitter:@kazusa_pb