カワイイ、クール、B系、和柄など、洋服の好みは本当に人それぞれ。イギリスの青年ザック・ピンセントさんは、その中でも特殊なファッションを楽しんでいます。

タイムスリップした!?Σ(・□・)

まるで昔の写真のように見えますが、これはれっきとした現代の写真。ピンセントさんは17世紀〜19世紀あたりのヨーロッパの服を好み、毎日着ているというのです!

ピンセントさんのインスタによると、彼は14才で現代的な洋服と決別し、伝統的な服を自作して身にまとい始めたんだとか。好きなだけならまだしも自分で作っちゃうなんて、情熱がスゴい!

現在25才のピンセントさん。年々その腕前は上がり、今では注文を受けてその人に合った伝統的な服を作るというサービスを始めています。彼のコレクションを見ていると、自分のために作ってほしくなるのもわかります♪

現代の風景と合わさると、なんだか不思議な感じ。

ピンセントさんのサービスでは、男性の服だけでなく、女性の服も注文を受け付けています。気になる方はコチラ(英語)から。

自分の好きなものを貫ける人って、カッコいいですね!

ちなみにオシャレといえば、こんな方たちも過去にクレイジーでご紹介しましたので、載せておきますね。