今回は、以前『続編希望の声多数!尊いが押し寄せる「愛が重すぎる幼馴染」に胸キュンが止まらない!』でご紹介した、漫画家のおつじさんによる『年に一回の逢瀬が冷めきってる織姫と彦星の話』をご紹介します!

7月7日の七夕といえば、織姫と彦星にとって年に一回の大切な逢瀬の日。当日は夜空を見上げて2人の再会に思いを馳せる人も多いですが、実際のところはこんな感じだったりするのでしょうか…?

年に一回の逢瀬が冷めきってる織姫と彦星の話01
twitter.com@otj024
年に一回の逢瀬が冷めきってる織姫と彦星の話02
twitter.com@otj024
年に一回の逢瀬が冷めきってる織姫と彦星の話03
twitter.com@otj024
年に一回の逢瀬が冷めきってる織姫と彦星の話04
twitter.com@otj024

有給取って年に一度の逢瀬してたのか~(ニヤニヤ)

子どもの頃に読んだ織姫と彦星の話と違いすぎる!(笑) 年に一度しか会えないとはいえ、長い間恋人同士だったら倦怠期が訪れることもあるでしょうが、まだまだお互いの愛は冷めてないようですね。

天界の働き方改革のおかげで、一緒にいる時間が増やせそうな予感がする織姫と彦星。お互いに有給とって恋にかまけた過去も、令和時代で全て解決できそうです。

14万に迫る「いいね」を獲得した織姫と彦星の逢瀬の物語へのリプ欄は、尊すぎるという声で溢れました。

作者のおつじさんは、現在ガンガンONLINEにて『幻想グルメ』を連載中で、6月12日にはコミック5巻も発売されています。

また、『通りがかりにワンポイントアドバイスしていくタイプのヤンキー』も1巻が発売されています。あわせてチェックしてみてはいかがでしょう?

Twitter:@otj024 
連載作品:
幻想グルメ 
Amazon:通りがかりにワンポイントアドバイスしていくタイプのヤンキー / 幻想グルメ
Pixiv:
おつじ

https://curazy.com/manga