みなさんは何かに「失敗」したとき、どんなことを考えますか?すぐに「もうダメだ…」なんて自暴自棄になっていませんか?

今回は、失敗の捉え方としてとても参考になるのーみん 丁さんのツイートをご紹介します。

そのツイートがこちら。

なるほど!医者やエンジニアの人たちは失敗を「失敗した」で片付けるのではなく、「失敗という成果を得た」と捉えるんですね。前向き!

このツイートには多くの同意の声が寄せられました。

大きな成果に辿り着くためには、常にトライアンドエラーを繰り返すことが重要です。失敗するたびに「成功に近づいてる!」と実感できるようになればもう失敗が怖くなくなりそう。

失敗してしまった時はこのツイートを思い出し、ポジティブに考えてみてくださいね!