みなさんの周りにはアレルギーをお持ちの方はいらっしゃいますか?

アレルギーは「好き嫌い」や「根性」といった言葉で片づけてしまえるものではありません。

そんなことを再認識させてくれる糸尾@手芸マネカタさんのツイートのご紹介です。

小さなお子さんはなかなか自分で食べたいものを「アレルギーだから」と我慢することは難しいでしょう。

だからこそ周りの大人が見守ってあげる必要があるのですが、学校という環境に加えて診断書の提出をしているにも関わらず食べさせてしまったようです…。

親御さんの立場からするとお怒りはごもっとも。それでもまずは子供に注意をし、先生と学校に「理解」を求める糸尾さんの姿勢には頭が下がります。

その後の状況がこちら。

結果としてアレルギー反応が出てしまいました…。

今回は軽度な症状だったのかもしれませんが、重度の場合は心肺停止など命の危険に及ぶこともあります。お子様の症状がすぐに治まることを願うばかりです。

症状は人により様々。アレルギーに対しての正確な知識と理解を持ち、周りの大人たちも親御さんと一緒に子供の成長を見守っていけるようにしていきたいですね。