何かと男女で比重が偏りがちな、「子育て」という人生の大仕事。それを、お互いの努力点にしっかり目を向けながら協力して乗り越えられる夫婦って、とても絆が深く感じます。

今回ご紹介するのは青鹿ユウさんの描く育児漫画。

夜泣きをするようになったお子さんの寝かしつけに苦労する旦那さんでしたが、妻の手を借りたことでちょっとした一言をこぼします。夫婦間で波紋を呼んだその内容とは…?

41a27072-s_R
aoshikayu.com

445372ff-s_R
aoshikayu.com

2bd4a7e8-s_R
aoshikayu.com

確かに、手慣れた様子で子供をあやす女性を見ていると、思わず「母性だなぁ」なんて感想が漏れてしまうかもしれません。

しかし、誰もに「子育て力」のような都合のよい「母性」が表れるのか。根拠もありませんし、それが与えられなかったママさんはどうしたらいいの?という話になりますよね。

結局のところ親とは、我が子と家族の未来のために、自分で努力してスキルを高めるしかないのかもしれません。

ふーみんのことたった4ヶ月しか知らないけど
4ヶ月の間なんらかのアクションをしたらこう返ってきた、
なら次はこうしたら…といったフローチャートのように覚えたことしかできてないんだ。
私にはそれしかできない。
魔法なんかじゃない。生まれ持った性でもない。
今、もし、ふーみんが泣き止んだとしたならば、
これは紛れもなく私の4ヶ月間の時間と経験と努力でしかない。

aoshikayu.com

自身のブログでもこのように語る青鹿ユウさん。確かに、魔法のような「母性」を認めるというのなら、別に「父性」で泣き止んでもいいじゃん、という感じがします。

その後は漫画にある通り、旦那さんはしっかりと「努力や根気を踏みにじるような言い方をしちゃったね」と謝罪。対して青鹿さんも「そういう所、すごい良いよね」と言葉にしています。

こうした、お互いを尊重して意見をぶつけられる話し合いが、どんな困難も乗り切れる夫婦の絆を作っていくのかもしれませんね。

下記の青鹿さんのブログで、さらに詳しい内容や他の育児漫画もお読みになれますので、ぜひご覧ください!

Instagram:aoshikayu
Twitter:@buruban
ブログ:鹿ログ