頑張っているとアピールする方法が「少しでも長く会社に残る」になってる状況は、お互いに首を絞め合っているようで辛いですよね。今回は、結局のところNO残業をはたしている人材が有能であると分かるエピソードをご紹介。

1.


2.


3.


4.


5.


6.


7.