お笑い・ハプニング

【なぜか深い】考えさせられる秀逸なアメリカンジョーク10選

投稿日:


「アブラハム・リンカーンがお前と同じ年のころ、暖炉の明かりで本を読んで勉強していたんだぞ」

息子
「リンカーンがお父さんと同じ年のころ、アメリカ合衆国の大統領だったけどね」


ロナルド・レーガン「私はアメリカ大統領としての資質をすべて備えている。
第一に抜群の記憶力、
第二に・・・えーっと、何だったかな?」


太った婦人がアヒルを連れて酒場に入ってきた。
「ダメじゃないか、こんな所にブタなんか連れてきたら」
「何よ、この酔っ払い。どうしてこれがブタに見えるのさ」
「今、俺はアヒルに話しかけたんだ」


令嬢「写真屋さん、私の一番チャーミングなところを撮ってね」
写真屋「…貴女はその上に腰掛けているのですよ」


トムは川で溺れていた。そこへ河川管理局のジョンが通りトムに言った。
「この川は遊泳禁止なんだがね!」トムはすかさず叫んだ。
「お・溺れているんです!!」

それを聞いたジョンは「ならいい。」


ブッシュ大統領の記者会見で,記者団が質問した。
「それで,大量破壊兵器が存在する証拠はあるのですか」
「もちろんだ。米国の企業に領収書が残っている」


日本人は同じジョークで3度笑う

1度目は聞いたとき。意味は分からないが人に合わせて笑う
2度目は意味を聞いたとき。まだ意味が分からないが教えてくれた人のために笑う
3度目は意味を理解したとき。家で笑う


「僕のおじさん、やっと安らかに眠れる」

「おじさん死んだの?知らなかった」

「死んだのはおばさんだよ」


ある日、天国の神様と地獄の魔王が野球で対決することになった

神様「私が負けるわけあるまい。有名選手は全員天国にいるのだ」
魔王「俺が負けるわけねえ。審判は全員地獄にいるんだ」


「このパラシュートの安全性は?」

「万全です これまでに故障したという苦情は一件もございませんよ」

参照:jokes.cc.com,ski-yamahige.com

元の記事を見る

-お笑い・ハプニング
-,

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.