野生動物フォログラファーのピーター・ヘイステンさんが、タンザニアで撮影していたときのこと。車内でランチを取っていると、突然野生のチーターが侵入してきました。

映像は十数秒ほどしかありませんが、実際は10分も車内にいたとのこと。目があったら襲われてしまうかもしれない恐怖。緊迫した映像に見ているだけで背筋が凍ります。