少し皮膚が荒れていたので、病院にやってきた柴犬のてつくん。

待合室では余裕の様子でしたが、名前が呼ばれると、さっきまでの表情がウソのようにガチガチになり抵抗を始めます。診察台での「お手」も投げやりです(笑)。

てつくんはその後、いい子に診察を受け、薬をもらって無事終了。また明るい表情に戻りました。犬も人も病院が苦手なんですね。