「出産の痛み」を表す言葉として、「鼻からスイカが出るレベル」という例えをよく耳にするのですが・・・。

現実感が全くないこの例えよりも圧倒的に分かりやすく出産の大変さを報告しているtama毛さんのこんなツイートが、先日話題になりました。

あまりにも過酷。

痛みのトライアスロン」・・・次から次に訪れる激痛に思わず漏れた言葉なのでしょうが、しかし後半で開き直って「競技」と言い切るあたり、まさに「母は強し」なのかなぁという感じがします。

こちらのツイートに、同じく過酷な競技を乗り越えた「強き母」の皆さんから、多くの共感のメッセージが届いていました。

どんな人間も、過酷な経験を乗り越えた母のもとに産まれているということですね。全ての人間は優秀なアスリートを母に持つとでも言いましょうか・・・。畏敬の念が湧くばかりです。