違法アップロードなどの注意喚起をするキャラクターとして有名な「NO MORE 映画泥棒」。2007年ごろからスクリーンに登場し始めた彼らは、そのコミカルな存在感から徐々に支持を集め、今では本来の映画館の主役である映画キャラたちよりも認知度が高くなってしまうほどです。