30年という月日は長けれど、30歳を迎え人生を振り返ると、まさに光陰矢の如し。「あれ、オレ昨日まで高校生じゃなかったっけ」なんて思ってしまいますよね。今回は、アラサーの悲痛を感じる叫びをいくつかご紹介します。

1.


2.


3.


4.