若干14歳にして、29連勝という快挙を成し遂げた藤井聡太四段。史上最年少でプロ入りし、その実力から注目を浴びています。
そんな藤井四段ですが「第30期竜王戦」第二回決勝トーナメントで佐々木勇気五段と対戦し、公式戦では自身初の黒星となりました。

これに対し、同じく中学生でプロ棋士となり、先日藤井四段に敗北し引退を表明したひふみんこと加藤一二三ひふみ九段はTwitterでこのように発言しています。

人生の核心を突いた深い言葉ですね。

そしてこのツイートを見た人からは、こんな反応が寄せられています。