【FRF14】最奥地Cafe’ de Parisの出演者が今年はヤバい!オススメバンド5組

By shin_skywalkerさまによる投稿, 2014年7月20日

の【FRF14】最奥地Cafe’ de Parisの出演者が今年はヤバい!オススメバンド5組などやなどバイラルメディアの情報は。

1

フジロック開催まであと1週間になりましたね!皆さん、準備は進んでいますか?
筆者もどんなスケジュールで行こうか、今タイムテーブルとにらめっこしながらワクワクしています。
そんな中、今年は最奥地ステージの「Cafe’ de Paris」に出演するアーティストがなかなか良いのではと思い、ちょっとまとめてみました。
パリに現存する歴史的なキャバレームーランルージュをイメージして作られたこのステージ、今年はなかなか良いメンツが出演しますよ!

1

TALCO



ヴァネチア出身のコンバットスカバンド「TALCO」。ベネチアの中の労働者階級の拠点であるマルゲラから輩出されたバンドで、彼らがバンド結成以来一貫して訴え続けているアンチファシスト、アンチレイシストといったレベルなメッセージは、マルゲラというバックグラウンドから生まれている。この箱で爆音のスカは気持ち良さそう!
1日目のオレンジコートにも出演しますよ!

Cafe’ de Paris出演日:1日目13:00~


JUNGLE BY NIGHT



アムステルダム出身の9人の若者からなるアフロジャズファンク・バンド「JUNGLE BY NIGHT」。
KINGDOMAFROCKSのアフロビートに通じるアフリカン感ビートが持ち味。フジロックには、3日目オレンジコート、2 日目Cafe’ de Paris、2日目パレスオブワンダーに出演。

Cafe’ de Paris出演日:2日目16:00~

BOOM PAM



実は音楽大国であるイスラエルからやってきたイスラエルを代表するサーフ・ギター・ロック・トリオ「BOOM PAM」。
エレキ・ギターとチューバとドラムスという珍妙な編成で、エキゾティックなギリシャ歌謡、中東ベリーダンス音楽、マカロニ・ウェスタン、バルカンのジプシーブラス、そして、どこか日本の昭和歌謡にも通じるイスラエルならではの少々イナタく懐かしいメロディーが特徴。一気に異国気分を味わえるアーティストですね!
ジプシーアヴァロン2日目にも出演しますよ!

Cafe’ de Paris出演日:2日目17:30~

BARBARELLA’S BANG BANG



毎年フジロックには、巡礼バンド(沢山のステージに出演するバンド)みたいなバンドがいるが今年の巡礼バンドこそが「BARBARELLA’S BANG BANG」。
イギリス、イタリア、リトアニア、ラトビアから集まったメンバーによってロンドンで結成されたジプシー・パンクバンド。
ジプシー音楽、ヨーロッパやアメリカのフォーク音楽から影響を受け、そこに弾ける祭り感、まるで劇場音楽のような感動、人形劇の様なファンタジーを詰め込んだポップスが彼女たちの魔法という名の音楽性。いろいろなステージで見かけること間違い無し!そして、虜になること間違いない!

Cafe’ de Paris出演日:3日目13:00~

BLACK KAT BOPPERS



パレスオブワンダー、苗場食堂、木童亭、そしてCafe’ de Parisという4つのステージに出演するロックンロール剥き出しのバンド「BLACK KAT BOPPERS」。
ツイストしたいならこのバンド!!

Cafe’ de Paris出演日:3日目14:30~

Cafe’ de Parisは一番遠くのステージでしが、比較的空いています!
ぜひ今年は、最奥地のステージまで足を運んでみてはどうだろうか?




参照元:FestivalLife [フェスティバルライフ] | 日本最大級の野外フェス情報サイト

【FRF14】最奥地Cafe’ de Parisの出演者が今年はヤバい!オススメバンド5組の情報やの動物・お笑い・音楽・学びなどの情報は「バイラルあんてな