感動・泣き 未分類

乾燥肌におすすめな洗顔料とは?乾燥肌の原因、洗顔法も学ぼう!

投稿日:

「昔はこんな風ではなかったのに…」と嘆いている人も多い肌トラブル…。女性の場合、肌質を良く理解してスキンケアを行っているつもりでも、年齢を重ねるにつれてどんどん肌の質が変わってきてしまい、しだいに自分の元々の肌とは違う肌質になってお手入れ方法に困ってしまっている人も多くなっています。そんな中年齢とともに多い悩みがなんといっても、乾燥肌です。

乾燥肌になると、小じわやたるみなど様々な肌トラブルを招いてしまうため、保湿をする事がなによりもエイジングケアには重要となっています。ではどのような理由から乾燥肌になってしまうのでしょうか。その原因とお手入れ方法を知って、いつまでも若々しい肌を保つための予習をしておきましょう。

乾燥肌になってしまう原因とは


乾燥肌になってしまう原因のひとつとして、肌のバリア機能の低下があります。肌には本来バリア機能といって、外からの刺激から守る働きがありその大きな役割をしているのが、水分を外に逃がさないための機能や皮脂などで覆って蒸発を防ぐなど、肌本来に備わっている機能で十分に保湿をする事ができるしくみになっています。

しかし、このバリア機能が低下してくると、まず皮脂の分泌が減ってきてしまい肌の表面を保護する力が無くなってしまいます。そうなると、肌の奥にある水分もどんどん蒸発していってしまうため、次第に水分が不足した状態である乾燥肌になってしまうのです。特に、肌のバリア機能を壊してしまうのは、加齢だけが問題になっているわけではなく、紫外線の浴びすぎなどでも乾燥を招いてしまう事があります。かなり日焼けしたときに、肌の調子が悪くなるのはこのせいで、紫外線から肌を保護する事も乾燥肌対策には必要といえます。

NMF(天然保湿因子)が減少している

肌は色々な構造にわかれていて、その一つ一つのターンオーバーがうまくいかなくなると、乾燥肌などの肌トラブルを招いてしまいます。中でも、肌の奥にある角質細胞内のNMFは数多くのアミノ酸類でできており、乳酸やクエン酸塩などからできている角質層の中で水分を吸収して閉じ込めておく役割をしている機関でもあります。

このNMFは、肌の水分の18パーセントを担っていると考えられているため、加齢などが原因で肌の中からNMFが減少する事で乾燥肌のになってしまう原因となっています。

皮脂が欠乏している

皮脂は肌に対して悪さをしていると考えてしまう人も多く、特に10代くらいにニキビで悩まされていた人にとっては、皮脂ときくと肌荒れの原因と考えている人も多くなっています。

しかし、皮脂は肌の表面に油膜を張る事で保湿クリームの役割をしてくれている肌には欠かせないもののひとつなのです。皮脂腺から皮脂を出して皮脂膜を張る事で肌の奥から水分が蒸発するのを防ぐため、重要な皮脂ですが、加齢とともに皮脂線から出される皮脂の量が減ってしまう事で、乾燥肌を招いてしまっています。

ストレス、睡眠不足、食生活なども・・


乾燥肌の一番の原因として考えられているのが、加齢による影響でもありますが、実は生活習慣の乱れのせいで乾燥肌を招いているケースもあります。特に女性ホルモンの乱れが起こると肌荒れを起こしやすいというはなしを聞いた事がある人も多いと思いますが、女性ホルモンを乱す原因に睡眠不足やストレスがあります。

睡眠不足が続いたり、ストレスを感じると肌トラブルを起こすという場合は、女性ホルモンが乱れている可能性があるため、女性ホルモンの乱れを整える生活習慣にスイッチする事を心がけるようにするだけでも、肌トラブルの改善に役立ちます。

乾燥肌だからこそ気をつけたい洗顔法

乾燥肌人ほど、肌のトラブルを気にして念入りに洗顔を行う人が多くなっています。しかし、洗顔はスキンケアの基本ともいえる大切な要素のひとつと考えると、間違った洗顔方法を行っているだけでも乾燥肌を招いてしまうという結果になっている事もあるため、最近肌の調子が悪い、洗顔したあとに突っ張る感じがするなど洗顔後に肌の異常を感じる場合も含めて、使っている洗顔料や洗顔方法を見直す事が大切です。

しっかりと泡だてて使う


使用している洗顔フォームによりますが、洗顔フォームや固形石鹸を泡立てずに使用している人がいます。洗顔フォームを泡立てて使用するのは、泡で洗う事で肌への負担を軽くするためと考えると、泡立てずに使用する事で肌への負担は相当かかっているといえます。

特にごしごしと洗い過ぎると肌表面を傷つけてしまうだけでなく、内部からの水分もどんどん蒸発して行ってしまうため、肌への負担を極力かけない方法で洗顔料を選び正しい方法で使用する事が大切です。

洗顔料に保湿成分が配合されているか

乾燥肌対策として洗顔料選びで重要になるのが、使われている成分です。洗顔料自体に保湿成分が含まれているかどうかも重要となり、さらには肌内部の機能を壊さないような成分を使用しているかどうかが重要となります。

特に洗顔後顔がつっぱった感じがするという人ほど、洗顔によって肌が乾燥している可能性があります。その場合は洗顔方法をしっかり見直す事もそうですが、使っている洗顔料を保湿成分が入っているものに変更するなど、極力肌から水分を逃がさないような工夫をする事が大切です。

洗顔後タオルでごしごし擦らない

乾燥肌の人に限らず、肌トラブルを防ぐという観点からしても、洗顔後のタオルドライも重要となります。洗顔後にごしごしとタオルで肌をこすって拭いてしまうと、どうしても肌への負担が大きくなってしまいます。

特に洗顔後は肌が無防備な状態になっているという事を考えた上で、タオルドライをする時はそっと優しく扱う事が鉄則です。

乾燥肌に特におすすめな洗顔料


乾燥肌で悩まされている女性は多く、ほったらかしにしておくと次第にしわやシミほうれい線などアンチエイジングとは程遠い肌トラブルに悩まされるようになってきます。そうなる前にしっかりと洗顔からスキンケアを見直して、しっかりとエイジングケアを心がける事で、いつまでも若々しい肌を保つ事ができるようになります。

ビーグレン クレイウォッシュ

b.glen / ビーグレン Clay Wash - クレイウォッシュ 150g 洗顔料

肌に必要なものと必要でないものを見極めてなめらかに洗い上げる洗顔料として人気を集めています。天然のクレイ「モンモリロナイト」を使用していて肌にいらないものである、古い角質や参加した余分な皮脂などを引き寄せて落としてくれます。反対に、必要な成分はしっかり残して洗い上げるのが最大の特徴となっています。

トランシーノ 薬用クリアウォッシュ

第一三共ヘルスケア トランシーノ 薬用クリアウォッシュ 100g

きめ細かい泡が肌に密着して肌に余分な角質や毛穴の黒ずみなどをきれいに取り除いてくれる洗顔料です。洗顔後の基礎化粧品の吸収を助けてくれる役割もあるため、スキンケアの基本である洗顔の役割を果たしている洗顔料といえます。

まとめ


洗顔はスキンケアの基本と言われていますが、実際に洗顔をしっかり正しい方法で行っているかが肌をいつまでもきれいに保つためには必要不可欠といえます。エイジングケアにお金をかけていなくても、洗顔をきちんとできている人はいつまでも若々しい肌を保っている人が多く、実際に肌本来の力も強いのが特徴です。

最近何だか肌が疲れている。今までのケアでは満足しなくなってきたという肌の調子が変化してきたなと感じるとすぐに、高い基礎化粧品に移す事を考えてしまいますが、年齢を重ねてきた事も関係していると考えて、まずは基本中の基本である洗顔を見直してみる事から始めてみましょう。意外と化粧のりがよくなったり化粧崩れを防ぐ事ができるなど、お肌の不調の改善に役立つ事があるのです。

-感動・泣き, 未分類
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.