感動・泣き

ボディクリームの効果的な使い方を抑えてすべすべの肌を手に入れよう!

投稿日:

お風呂上がりに顔のケアをするのに、ボディはケアしないという人は多いのではないでしょうか?顔も体も1枚の皮膚で繋がっているので、ボディケアもスキンケアの一つと考え毎日の習慣にするのがおすすめです。顔だけじゃなくボディにも年齢サインは出てくるので、ケアを習慣にしておけば全身アンチエイジングケアができます。

ボディクリームの効果的な使い方・塗り方

ボディクリームにも種類があって、それぞれにテクスチャーが違います。テクスチャーが違うと、ぬり方や使いやすさも変わってきますが、肌質や悩みに合わせて自由に選んでOKです。とろみがあるローション、ちょっとしっかり目のボディバター、油分の多いクリームなど使いやすいものを見つけてください。

1パーツごとに塗っていく

ボディクリームを塗るコツは、パーツごとに塗り分けることです。体のパーツによって、範囲が違います。両腕ならそれほどたくさん必要ありませんが、デコルテからお腹にかけて、肩からさなかにかけては範囲が広くなるので、タップリ塗りましょう。

背中は手が届かないところもあるので、均一に塗れません。こういう場合は背中の塗るためのグッズを使うと便利です。ドラッグストアにも売っていますし、ネットでも購入できます。孫の手のようになっていて、まさにかゆいところにも手が届くようになっています。

肘や膝、踵やくるぶしなど乾燥しやすい部分は、丁寧に塗りこみましょう。冬は乾燥しやすいので油分の多いボディクリームでもいいのですが、夏は汗をかきますしベタつくタイプはちょっと使いにくいと感じてしまいます。季節によってしっとりタイプやさっぱりタイプを使い分けるのもおすすめです。ボディクリームといっても、クリーム、ジェル、ミルク、オイルなどテクスチャーの違いもチェックしておくといいでしょう。

乾燥しやすい場所・季節は重ね塗りをする

冬は空気が乾燥しますので、ボディも肌の乾燥が進みます。元々の肌質や年齢、食事や生活習慣によっても変わりますが、部位によっても乾燥しやすいところがあります。まずは全身にまんべんなく塗って、それから乾燥しやすい部分に重ねづけすればしっとり感がアップします。

夏は肌の露出が多くなるので、その分紫外線にあたる場所も増えてきます。紫外線は肌を乾燥させる原因となるので、紫外線を浴びやすいデコルテや肩、足は乾燥しやすい場所です。紫外線を浴びたところは念入りにクリームを塗っておくと安心です。

夏は汗をかきやすいです。お風呂で汗を流しても寝ている間に汗をかきます。ボディクリームを塗ったところに汗をかくとあせもの原因となることがあります。蒸れやすい部分は化粧水で保水だけでもいいかもしれません。様子を見ながら調整してください。

お風呂上りになるべく早く塗る


ボディクリームを効果的に使いスキンケア効果の実感を高めたいなら、お風呂から上がりできるだけ早く塗るのが一番です。ただしここで一つ注意しておきたいのが、お風呂から上がった途端肌は乾燥し始めることです。できるだけ早い段階でボディクリームを塗りましょう。

タオルで押さえて水分をふき取る


体を拭くときはタオルでゴシゴシこすらないよう注意し、ボディクリームはお風呂から上がり、乾燥が進む前に塗るようにしましょう。お風呂でシャンプーや洗顔を済ませたら、最後に体を洗います。その後お湯に浸かるなら使ってもいいですし、お風呂から出るならその次にすかさずボディクリームを塗ると肌が乾燥する前に保湿と潤いを与えることができます。

ボディクリームを効果的に使いたいなら肌が乾燥し始める前に塗るのがおすすめです。お風呂から上がり脱衣所にてタオルで体を拭くと、そのときから乾燥が始まります。お風呂上がりの肌が乾燥し始める前に塗るのがベストタイミングです。

多少水気が残っていてもOK!冬など脱衣所が寒いなら、バスルームの中での水気を軽く切り、その場でクリームを塗ってもいいくらいです。完全に水気を拭き取ってしまうと、クリームを塗るときに摩擦が起きるので、少し湿っているくらいがちょうどいいです。びしょ濡れでないなら、多少濡れたまま塗っても問題ありません。

ボディクリームがメンズにもおすすめの理由


ボディクリームでボディケアをするのは、女性のイメージが強いかもしれません。しかし男性も肌が乾燥するのは同じですから、毎日のボディケアを習慣にしてみてはいかがでしょうか?ほかにもメンズにおすすめの理由があります。

香水よりも緩く良い匂いがする

香水を付けるのもいいですが、男性でも香水がきつい人はちょっと周囲に嫌がられてしまいます。ボディクリームを選ぶときにほのかに香るタイプを選べば、香水をつけなくても全身からいい香りが漂います。

皮脂の分泌を抑える効果がある

ボディクリームは肌の乾燥を防ぐので、体臭を防ぐ効果も期待できます。肌が乾燥すると皮脂をたくさん分泌させて潤いを補おうとします。皮脂の過剰分泌は皮脂を酸化させ体臭の原因になります。年齢ともに加齢臭を強くするので注意が必要です。

人気が高いメンズ用ボディクリーム

男性がボディクリームでボディのケアをするとメリットが増えます。おすすめのボディクリームを紹介しますので、参考にしてみてください。

プラウドメン グルーミングバーム 40g (グルーミング・シトラスの香り) 香水・フレグランスクリーム


男性用のボディバターです。ニオイとカオリに着目し、1つで両方に対応できるようにしています。香水をつけなくても、ほのかにいい香りがするので周囲にも迷惑をかけません。女性ウケのいいトップがシトラス、時間が経つとマリンフローラル、ラストはウッディムスクに変わっていきます。汗をかいてニオイが気になる剣道の武具の消臭するのに使われているカキタンニンを配合しているので、消臭効果も期待できます。汗をかきやすい季節はとてもおすすめです。

NULL パヒュームクリーム メンズ 香水 クリーム 30g 香水の持続力、香りに不満がある方へ【シトラス】


体臭が気になると香水でごまかそうとしてしまいがちですが、体臭に香水が混ざるとかえってひどいニオイになってしまいます。特にビジネスシーンでは、匂いエチケットは重要です。香水だときつすぎてイマイチという人には特におすすめです!

NULL パヒュームクリームは、全身に塗ってもニオイが強すぎないからほのかに優しく香ります。普通の液体香水よりも3倍香りが持続するのに、とても自然な香りです。NULL パヒュームクリームは香りだけでなく、肌の乾燥を防ぐグリセリンや尿素といった保湿成分を贅沢に配合しています。

ボディケアをしながら、優しい香りを楽しめます。香りは女性がいい香りと感じやすいシトラス系です。UVケア効果もあるので、紫外線が強い季節は肌を紫外線からも守ってくれます。日本の工場で製造しているから安心感があります。

まとめ


肌は全身1枚の皮膚でつながっています。顔のケアをする人は多いですが、ボディに関してはほとんどケアしていないという人も多いのではないでしょうか?乾燥は全身に広がるので、顔だけ一生懸命ケアしても、ボディが乾燥していれば顔にも影響が出ます。顔と同じように、ボディケアを習慣にすると、全身に潤いを与えることができます。

ケア方法は、お風呂上がりにボディクリームを塗るだけですからとても簡単、今日からでも実践できます。乾燥によるかゆみや炎症も防げるのでぜひ取り入れてみてください。

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.