感動・泣き

おデブ女子・ぽっちゃり女子が男性にもてるのはどうして?男性が考えるデブの定義は?

投稿日:

肥満の定義は、きちんと存在するものですが、太っているのかやせているのかという問題は、男女間によって考え方が異なっているようで、太ったように見えない女性が、ダイエットを行う様子を見て、多くの男性が不可解と感じることもしばしばです。肥満指数は、BMIともいわれ計算式によって、肥満指数を推し量ることができます。

おデブ女芸人が人気の理由

昨今、話題となっている女性人気芸人に、体格の良い女性が多いのは、ただの偶然ではあまり納得のできない部分があります。ある大手の芸能人プロダクションでは、これまでアイドルやモデルあるいは、俳優志向のタレントを育ててきたのにかかわらず、お笑い路線のタレントを使い始めています。

しかも、女性お笑い芸能人には、太めの女性も多く見受けられ、テレビなどのメディアにたくさん出演し、露出度が高いことから、その人気が非常に高いということはうかがい知ることができます。ではいったいなぜ、このようにおデブ女芸人が大人気なのでしょうか。実はその人気の秘密は、意外なところにあることに気づかされます。

インパクトが強い

おデブ女芸人が人気の理由は、何と言ってもその話術にあるといっても過言ではないでしょう。観客席やお茶の間の視聴者に向けて、「お前ら !」などというさまは、一般的なタレントなどではあまり見られない様子で、自虐的なギャグなどは体形も踏まえて、非常にインパクトが強いものです。

彼女たちの開き直った芸風は、我々視聴者にとっても非常に共感の持てるもので、アイドルや一般のタレントとは違い、おデブ女芸人は非常に身近な存在として親しみが持てます。逆に、やせている女芸人が、毒舌を吐いている姿を見ると、確かにインパクトはありますが、同時に悲壮感などが漂い、見ていて痛いと感じてしまうことも多いものです。

ファッションセンスが良い

一般的に、太めの方の衣服は、そのサイズが限定されているために、ファッションを極めるというのは、なかなかに難しいようです。欧米などと違い、日本は比較的肥満の方が少ないお国柄ですので、割合からいっても太めの衣服が少ないのは当然のことと言えるでしょう。

しかし、おデブ女芸人たちを見てみると、ファッションセンスにあふれた衣服を着こなしていることも多く、中には自前でカーテン生地などを利用して、それを衣装として着こなしているといいます。

また、おデブ女芸人たちは、自分たちが太めであることを全く意に介さず、逆にそれを利用していることも多く、中には太めの女性たちを美しく見せるための、コーディネート本なども出版しているつわものもいます。

癒やされる

おデブ女芸人にかかわらず、また男女にもかかわらず太めの方には、安心感が持てるというイメージが強くあります。また、ころころと太っている姿を見ると、ついついぬいぐるみのくまさんやアニメのキャラクターなどを思い浮かべてしまい、心が和むことも多いものです。

これは、私たちが、おデブ女芸人たちに癒やされている証拠で、毒舌を吐きながらも照れ笑いを浮かべる彼女たちを見て、同様に心が和むのはやはり癒やし効果があるからなのでしょう。きれいなアイドルやタレントが、上品に会話を行っているのも見ていて癒やされるものですが、そこには可愛らしいと可愛いとの線引きが、きちんとなされているものなのです。

男性が女性を「デブ」と思ってしまうコト

男性が女性を「デブ」と思ってしまうコトは、男性と女性の間に太っているという見解の相違があるのと同様に、男性の間でもデブの定義はその個人ごとに、考え方も異なってくるものです。

しかし、そうした中でも、デブの「あるある」が存在しているもので、デブの共通性はある程度認識されているようです。これは、デブの男性や女性たちにも共通しているようで、反論が少ないのもその証拠と言えるでしょう。

しかし、こうした共通の認識は、どれくらい太っているかの定義には当てはまらないもので、どこからが太っているのか、またどの辺りが太っているのか、などといった見解は、ちょっとした動作によって見え隠れしている場合もあります。

ウエストのくびれがない

体重的には、さほどデブとは言えない女性に対しても、男性側からしてみるとデブのイメージと結びついてしまう場合も少なくありません。女性らしさを強調しているのは、女性のお色気でもある胸とヒップのラインだとよく言われますが、すらりと伸びた長い脚やウエストのくびれなども、女性らしさを主張するものです。

特に、女性のウエストのくびれは、多くのデザイナーがさまざまな商品に、エクスプレスしているもので、女性の美しさの比喩表現としてウエストは、この上ない女性の象徴として認知されているのです。男性が、ウエストのくびれがないと感じる時は、肌に密着したラインの衣服などを身につけた際に、気がつくことが多いものです。

二重顎

肥満は、栄養過多による食事の取り過ぎが主な原因で、日常生活で食べた分のエネルギーを消費しきれないことによって、栄養素となる脂質が皮下脂肪などにたまってしまい、太ってしまうのです。また、肥満は体を全体的に大きく見せるばかりか、一部の皮膚に皮下脂肪がたまってしまい、その個所が特に目立ってしまうといったことも少なくありません。

特にお腹の脂肪は、非常に脂肪がたまりやすい個所で、2段や3段バラになりやすく、見た目も決して良いとは言えませんが、衣服などを身につけるために、外見上はめだたないことが多いものです。しかし、二重顎の場合、うつむいた際などに、特に目立ってしまうのです。

食べ方がだらしない

食事をするうえで、マナーというものは非常に大切で、場合によっては周囲を不快にさせることもあるものです。海外とは異なり、日本ではお箸文化が定着しているため、海外のマナーとは異なっている部分もありますが、海外・国内問わず共通しているのが、食べ方がだらしないのは見ていても、決して気持ちの良いものではありません。

具体的にだらしない食べ方とは、食べる際に口を開けて音をたてながら咀嚼したり、食べ物を口に入れたままお喋りを始めたりと、相手が閉口してしまうこともよく見受けられます。また、口を開けて喋っていると、つばや食べ物が飛んだりし、2度と一緒に食事をしたくなくなる気持ちにさせられるものです。

男性にモテるぽっちゃり女子の特徴

男性の雑誌やグラビア雑誌などを見てお分かりのように、痩せてがりがりのスタイルのモデルなどは、ほとんど見かけることもありません。つまり、男性の多くは、ファッション雑誌で見かけるスレンダーな女性よりも、ボリュームミーな女性を好んでいることがよくお分かりいただけることでしょう。

男性が比較的、グラマラスな女性を好むのは、そこに女性らしさを見い出すことによって、好意を抱いていることにほかなりません。特に豊満な胸やお尻は、安産をイメージさせるもので、子孫繁栄の意味からも男性のDNAには、こうした女性像を好むという習性が、心の奥ふかくに眠っているからなのかもしれません。

触り心地が良い

男女問わず、ふっくらした方は、友人や知人からよく体を触られるといった、ご経験をなされた方が多いのではないでしょうか。太めの方は、えてして肉づきのないもので、さわるととても気持ちの良いものです。しかし、異性へのスキンシップは、誤解を招くことも多いので、勝手に触れるようなことがあってはなりません。

また、ごく親しい知人であっても、相手が嫌がる場合もありますので、触れていいのか許可を得てから触るのが無難でしょう。太めの方は、触り心地が良いということだけで、いきなり触られたり叩かれたりと、決していい思いをしているわけではありませんので、スキンシップといえどもマナーを守る必要があるのです。

おいしそうに食べる

体格の良い方が、食事の際にご飯をおいしそうに食べる風景は、見ているだけでもほのぼのとしてしまいます。特にぽっちゃり体系の型は、食べ方にも特徴があり、ちまちまと食べるよりも豪快に食べている風景がよく似合います。こうしたタイプの友人と、一緒に食事をする際は、食欲がなかったはずなのに、相手がいかにもおいしそうに食べている姿を見て、こちらも食欲が増していることに気がつくはずです。

また、料理が得意な方は、作り手として食べる人がおいしそうに食べながら、完食していく姿を見ることによって、幸せな満足感を得ることができますので、料理を作ったかいもあるというものです。

胸が大きい

肥満タイプの方は、胸が大きく見える方が多く、実際にかなり豊満なバストになっていることも少なくありません。逆に、ダイエット行った際、胸が極端に小さくなるというのも、胸の大半が脂肪でできていることを裏付けるものでもあります。特に女性の場合、下着にブラジャーを着けますので、背中のお肉をカップに入れることで、非常にボリュームのある胸や谷間を作り出すことができます。

特に男性は、胸に対して執着心を抱いている場合も多く、すべての男性が胸が大きな女性を好むわけではありませんが、一般の男性雑誌や週刊誌などを見てみる限り、豊満な胸は多くの男性を魅了するものなのです。

しっかり食べてダイエットできる!人気書籍

いくら、男性に支持されているふっくら女性といえども、肥満は緩慢な動きを促進させるだけではなく、精神にもその影響が及んでくるものです。また、肥満は生活習慣病の原因因子であり、若いころは健康であっても、次第に身体が正常な機能を果たさなくなってきます。

ダイエットによる食事制限は、太めの方には非常に過酷なもので、食事を制限するくらいならば、そのままでもいいといった方も少なくないでしょう。しかし、現在では、しっかり食べながら行えるダイエット方法も確立されており、無理に食事制限をすることなく、食事量を極端に減らすことなく、無理なくやせられるダイエット法があるのです。

オトナ女子のためのヤセるレシピ (美人開花シリーズ)

オトナ女子のためのヤセるレシピ (美人開花シリーズ)

オトナ女子のためのヤセるレシピは、2018年に出版したばかりの新刊で、魅力的なオトナ女子になるためのハウツー本といったものです。オトナ女子のためのヤセるレシピは、運動指導者でもある森 拓郎氏自らが監修したレシピ本で、魅力的なオトナ女子になるためのサポートの位置付けで、美人開花シリーズとして刊行しています。

本の内容は、様々な女性の食事に対する悩みに応えるもので、いろいろな場面を想定したレシピを紹介しています。特に家庭の主婦ともなれば、ダイエットを行いたくても、家族の食事を作る手間があるため、実現は難しいもの。しかし、アイデアレシピによって量を減らすことなく、家族全員で美味しいおかずを作り出すことができます。

肉食やせ! ―肉、卵、チーズをたっぷり食べるMEC食レシピ111

肉食やせ! ―肉、卵、チーズをたっぷり食べるMEC食レシピ111

お肉は、ダイエットには大敵。などと言っていたのは、今や寓話のようなもので、余分なカロリーを摂取しなければ、太ることはありえないのです。肉食やせ! ―肉、卵、チーズをたっぷり食べるMEC食レシピ111は、現役のドクターでもある渡辺信幸氏が監修したレシピ本で、メディアでもダイエット総選挙などで非常に話題になったものです。

他のダイエット本にはないざん新なアイデアは、従来までの肉食を禁じていた、ダイエット方法に待ったをかけるもので、肉・卵・チーズといった利用価値の高い食品を利用することで、食事に満足しながらダイエットが行えるのが、非常に嬉しいポイントと言えるでしょう。

竹内冨貴子の低カロリーで大満足レシピ―料理ならおまかせ きれいに、健康的に。食べてダイエット! (特選実用ブックスCOOKING)

竹内冨貴子の低カロリーで大満足レシピ―料理ならおまかせ きれいに、健康的に。食べてダイエット! (特選実用ブックスCOOKING)

特選実用ブックスCOOKINGでも知られる竹内冨貴子女史は、ダイエット料理に関して非常に定評のある人物で、管理栄養士の卵を育てる講師という側面も持っています。竹内冨貴子の低カロリーで大満足レシピは、プロの栄養士の観点から、比較的低カロリーであっても、家族が満足できるレシピを紹介したもので、決して無理なダイエット料理を推奨しているものではありません。

本の内容は、無理なく美しく痩せていくために、1500CALで収まるメニューが紹介されており、低カロリーのおかず集はアイディアによってアレンジも可能です。セルフ診断も付いており、事前に自分の状態を確かめておくことができます。

しっかり食べて健康的にやせる本―なぜふとる?どうやせる?あなたの「健康常識」は大丈夫? (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)

しっかり食べて健康的にやせる本―なぜふとる?どうやせる?あなたの「健康常識」は大丈夫? (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)

森下 敬一氏著者の、しっかり食べて健康的にやせる本は、なぜ太ってしまうのか、その原因を追及したうえで、どうやせていくかを記した、初心者にでも非常に分かりやすい内容のダイエット本で、これまでの健康常識の概念を打ち破るものとして注目されています。

森下 敬一氏は、現役の医学博士で、これまでの実績や経験を生かして、医療業界の観点から科学的、あるいは医学的な根拠に基づき、効果的に健康にやせるダイエット方法を確立しました。森下 敬一氏のダイエット方法は、森下式ダイエットとも呼ばれ、実績もあるものですが、本に記すことでどなたでも手をとることによって、健康の常識を理解していくことができます。

まとめ

おデブ女子・ぽっちゃり女子が男性にもてるのは、男性の側から見れば、こうした女性達に女性本来の美しさを見ることができるからです。しかし、いくらふくよかな女性が人気とはいっても、太りすぎていては病気の原因ともなりますので、適度な運動とある程度のダイエットは必要となることでしょう。

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.