感動・泣き

ニキビの膿を退治!対応方法や飲み薬など!自分に合う方法で対応!

投稿日:

ニキビができると「メイクができなくなる」「顔にできるので目立って嫌だ」など外見が気になる年頃だと余計に嫌な気分になってしまうものです。年齢を重ねていても、やはりニキビができると嫌なもので気になって仕方がないという人も多くなっています。

特に痛みを伴っていたり、化膿してしまっていると余計に厄介で、治りが遅い場合は皮膚科にいくなど専門の薬をもらってケアする事も大切です。

ニキビに膿ができる原因


ニキビができたなと思ったらだんだんと化膿してしまい、気が付くと白く固くなっていたという経験は誰しもあると思います。白く固くなってしまったニキビの状態は、ニキビの中に膿がたまってしまっている状態のため、中に溜まった膿を出さない限り治りが遅くなってしまうのが特徴です。

ニキビに膿がたまってしまう原因としては、古い角質や皮脂にあります。中に溜まっている白いものは、古い角質と皮脂からできているため、洗顔やクレンジングが中途半場になっていたなど、肌の汚れをしっかりと取りきれていなかった事が原因でできる事が多くなっています。

また、どんなにきれいにケアしていてもできる事もあります。これはもともとオイリー肌など皮脂が過剰に出やすい人に多く、ストレスやホルモンバランスの変化などで皮脂が出てその分古い角質も多く出てしまうケースもあるため、オイリー肌でなくても普段からニキビの化膿には気を使っておくことが大切です。

初期ニキビの状態から放置した

ニキビに膿みが溜ってしまう原因が、古い角質や皮脂にあるというように、できたニキビを始めの段階からしっかりとケアしてこなかった事も原因となっています。ニキビができるという事は肌がダメージを受けているという事です。その分、いつも以上にしっかりとケアする事が大切ですが、どうしてもニキビが気になってさわりすぎたりする傾向があります。あまり触りすぎると雑菌がさらに付きやすくなるので、ニキビができたらあまり触らないように気を付ける事が大切です。

生活習慣が乱れている

ニキビができる原因として生活習慣の乱れがあります。特にオイリー肌の人でなくてもにきびができるのは、どうしても肌からは皮脂がでているためその皮脂が過剰に分泌される事によって、ニキビができやすくなっているのです。

そのため、肌が汚れていたりしても雑菌の繁殖によってニキビができ悪化してしまう事もあります。肌の調子が悪いなと感じたら生活習慣の見直しも大切です。

食事の栄養バランスが悪い


ニキビが化膿して悪化してしまう原因のひとつに、食生活も大きく影響しています。特に、ジャンクフードや脂っこい食事、動物性脂質が多いとニキビができやすい状況になります。ニキビができやすい、オイリー肌だなと感じたら食生活を正して、野菜中心の生活にしてみるなど工夫をする事でだいぶ肌が改善する事もあります。大切なのは規則正しい性格と心がける事といえます。

ニキビの膿の予防方法


食生活の乱れや生活環境の変化など肌はストレスや疲れなどの影響も受けやすくなっているため、最近肌荒れがきになるという場合はスキンケアを重点的に行う事はもちろんですが、合わせてストレス解消に役立つような事を探して、ストレスを溜めないようにしたり、しっかり睡眠をとって体を休めるなどの工夫で、ニキビを寄せ付けない生活を心がける事も大切です。

特にニキビは化膿してしまって膿などが溜まると治りが遅くなる傾向があります。これは、一度化膿して膿がたまると外からの塗り薬やケアだけでは到底完治まで追いつかない事が多くなるため、化膿したり膿が出てきた場合は、飲み薬と並行してケアを行う事が大切です。

膿ができた場合は出してしまう

なんとなくニキビが赤くなってきたなと感じたらそのあとすぐに中が白くなり、固いぶつぶつに変化してしまう事があります。これはニキビが膿んでいる状態になるため、中には古い角質や皮脂からできた膿がたまっている状態です。とくに膿がたまってしまうと赤くはれているときよりも、痛みがない分そのまま膿が取れるまで置いておこうと思ってしまいがちですが、実は膿ができたら適切な処置をして膿を外に出す必要があります。

なにもしないで膿が出てきてしまう事もありますが、そうなった場合はニキビの部位を手で押さえるのではなう、雑菌が入らないように注意しながらしっかりと膿を出し切る事が大切です。

皮膚科などを受診して適切な処置を受ける

ニキビが膿んでしまった場合、自分でケアをするのが難しい事もあります。また間違ったケアであとからニキビ跡になってもいやという人は、すぐに皮膚科を受診する人が増えています。皮膚科に行く事で、ニキビの炎症を抑えるだけでなく、膿んでいる場合は膿を出してくれます。その後塗り薬と飲み薬を処方されるので、しっかり自宅でケアをしながらニキビを撃退する事できるでしょう。

ニキビの炎症や膿を抑える効果があるオロナインなどで処置


ニキビができてしまったらこれ以上悪化しないように対処する事が必要です。この場合、自宅にニキビの薬があれば問題ないのですが、そう頻繁にニキビができる人でない限り、いつもニキビの薬が自宅にあるとは限らないのです。

そう考えると、自宅にある薬でまずはニキビの悪化を防ぐ事が大切です。そこで活躍するのがオロナインです。ニキビができた初期の段階で、オロナインによるケアしておくことで、炎症や膿を事前に防ぐ事ができます。何もしないで放置するのが一番いけないので、自宅にある軟膏などを利用してしっかり初期の段階からケアをするようにしましょう。

ニキビの膿ができないようにするための飲み薬

ニキビができるとどうしても悪化させたくないと考えて色々とケアをしてみますが、どれも効果がなく結局は化膿して膿んでしまったという話も良く耳にします。ニキビは初期の段階からしかりとケアをしておけば悪化する事なくすぐに完治することがほとんどですが、体が疲れていたり、抵抗力が弱まっているとどうしても悪化してしまいます。それは防ぐためにも、初期の段階から飲み薬と併用してケアを行うとより効果的なケアができるようになります。

チョコラBBで炎症を抑える

【第3類医薬品】チョコラBBプラス 250錠

口内炎ができると塗り薬と並行して飲む人も多いと思いますが、実はニキビにも効果を発揮してくれるのがチョコラBBです。チョコらBBは炎症を抑えてくれる効果があるため、ニキビができた段階からスキンケアと合わせてチョコラBBを飲む事でニキビの悪化を防いでくれます。

ハイチオールCで肌の代謝を上げてバランスを

【第3類医薬品】ハイチオールCプラス 180錠

肌の代謝を上げてくれる役割をしてくれるのがハイチオールCです。肌が荒れてきたなと感じる時に飲み始める事で、肌荒れを未然に防ぐ事もできるので、ニキビができる前から肌の調子を見て飲むようにするとより効果を発揮してくれます。

ペアAに含まれているビタミンでターンオーバーをサポート

【第3類医薬品】ペアA錠 120錠

最近人気のサプリがペアAです。含まれているビタミンが肌のターンオーバーをしっかりtサポートしてくれるので、肌の調子を整えやすくしてくれます。肌荒れを一度起こしてしまうと肌のターン―オーバーが一回りするまでどうしてもきれいに完治させる事が難しくなってしまいます。

特に、肌荒れやニキビができてしまう人の中には、ホルモンバランスが崩れてしまっている人も多いため、その分肌のターンオーバーもうまくいっていないケースがあります。乱れてしまった肌のターンオーバーを素に戻す役割をするのにも一役買ってくれるのがペアAです。

まとめ


ニキビはできてしまうと、初期の段階であってもかなり目立ってしまうものです。その分気にしすぎ手で触れる回数が増えてしまうなど、余計に悪化させてしまう原因を自分自身で作ってしまう事も…。ニキビはできてしまったら早めにケアを開始してこれ以上悪化させないように努力する事が必要です。赤く化膿してしまうとその後ニキビに膿がたまってしまうことが多くなるため、膿になってしまうとひどいと皮膚科で受診する事も必要となってしまいます。

早い段階から体の内側と外側からケアを開始すればその分治りも早くなるので、ニキビが気になりだしたらまずは飲み薬とスキンケアを念入りにする事と、化膿が気に鳴る場合は自宅にある軟膏などで赤みをとるように工夫するようにしましょう。

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.