ソ連欧州側最大の強制労働収容所があった 「ヴォルクタ」

By 世界の凄い場所を調べるおさまによる投稿, 2013年2月4日

のソ連欧州側最大の強制労働収容所があった 「ヴォルクタ」などやなどバイラルメディアの情報は。



ゲーム『コール オブ デューティ ブラックオプス』にも登場するロシア連邦コミ共和国北部の都市。
かつてソヴィエトの欧州側最大の強制労働収容所があり、1980年代まで存続した。豊富な石炭を採掘する労働力として囚人達があてがわれていた。

北にカラ海、北西にノヴァヤゼムリャがある。寒そう。


参照元:世界の凄い場所を調べるお

ソ連欧州側最大の強制労働収容所があった 「ヴォルクタ」の情報やの動物・お笑い・音楽・学びなどの情報は「バイラルあんてな