「どうか安らかに」色とりどりの花々が彩る、生と死の儚さが美しい

By Whats(ワッツ)さまによる投稿, 2014年7月2日

の「どうか安らかに」色とりどりの花々が彩る、生と死の儚さが美しいなどやなどバイラルメディアの情報は。

eyecatch

この世に生を受けたもの全てに、必ず訪れる「死」。それを美しく彩ったのは、ロシアのフォトグラファー「Maria Ionova-Gribina」。鮮やかな花の上に寝かされた動物の亡骸は、今にも動き出しそうなほど綺麗で儚げです。羽根を思い切り伸ばして旋回した青空や、澄んだ空気を胸いっぱいに駆け回った野原を夢に、すこやかに眠ってほしいものです。

参照元:Whats(ワッツ)

「どうか安らかに」色とりどりの花々が彩る、生と死の儚さが美しいの情報やの動物・お笑い・音楽・学びなどの情報は「バイラルあんてな