世の中にはいるものです... 深いことを言う子どもたちが。今回は、大人も目が点になってしまいそうな「たぶん人生2周目の子どもたち」をご紹介します!

1.


2.


3.


4.


5.


6.


7.


8.