プロフィール
硬骨魚類
・名前:カクレクマノミ
・生息地:東インド洋から西太平洋のサンゴ礁
・大きさ:全長9㎝
・特徴:黒字に白いしまもようのある個体も見られる

クマノミ
クマノミは、イソギンチャクにもぐりこんで身を守っています。だいたい1かぶのイソギンチャクにひとつのむれがくらしていますが、むれのなかにはメスは1ぴきだけで、あとはすべてオスです。

このメスはどこから来たのかというと、なんとオスが性転換したもの。むれのなかでいちばん大きなオスがメスに変わり、残ったオスのなかでいちばん大きなオスと夫婦になって卵をうむのです。

イソギンチャクからはなれられないクマノミは、卵をうめる場所がかぎられます。卵をうんでいいのはいちばん大きなものの特権ということでしょうか。

続ざんねん連載用バナー